VIEWS. @snview

globe、小室哲哉、AAAをメインに、音楽、映画、広告に関するアレコレ。

過去への鎮魂歌。華原朋美「たのしく たのしく やさしくね」

過去の“華原朋美”を葬っている。

 

セルフカバーアルバム『DREAM -Self Cover Best-』の一番最後に収録されている

「たのしく たのしく やさしくね」を初めて聴いた時に、直感的にそう感じた。

  

壮大なオーケストラやバンドアレンジの他の曲とは異なり、

ピアノだけで、繊細に表情豊かに歌い上げるこの曲。

 

か細く、囁くように歌う1番は、過去の清算。

客観的にやさしい眼差しで過去を見つめ、慰め、癒している。

一転、ピアノの伴奏の力強さとともに、強い意志を帯びる2番は、未来への決意。

重い荷物を降ろしたかのように、伸びやかに歌う。

 

「走らなきゃ ここまでは 歩けない たのしく 泣くまで」

 

インタビューやMCで、

華原朋美をもう一度やり直しているんです」と

幾度となく語っていた彼女の決意は、

このフレーズにすべて集約されているのだと思う。

 

絶頂の90年代、 ピッチに揺れがあったりして危なっかしかったけど、

それも含めて良さだった天性のハイトーンボイスと、

そこに被さる小室哲哉の独創的なハモり。

 

今思うのは、当時は作品のクオリティとしても、

華原朋美小室哲哉は“二人でひとつ”だったということ。

 

微妙なブレと、奇怪なハモり。(←褒めてます!)

それが生み出す、唯一無二の絶妙なハーモニー。

表記こそないけど、つねに“with TK”。

そうでなければ成り立たなかった。あのクオリティにはならなかった。

 

だけど今は違う。

華原朋美ひとりだけで、“華原朋美”として成立している。

 

だからもう、今の華原朋美は、小室哲哉を必要としていない。

凛と歌い上げるその姿が、そう語っている。

 

もう一度、生き直す。

そう決意し、新しい夢をはじめた華原朋美

いちファンとして応援し続けたいと思う。

たのしく泣く、その日まで。

 

-----

 

※11月に行われた単独ライヴの模様が、年明け1月2日にWOWOWで放送されます。

ライヴでは、セルフカバーアルバムに収録されていない

過去の曲も披露したようなので、放送に期待!

この番組を観た後にもきっと、何か思うことがあるんだろうな。

 

華原朋美「DREAM ~TOMOMI KAHARA CONCERT 2013~」|WOWOWオンライン】

http://www.wowow.co.jp/music/tomomikahara/

 


【WOWOW】 華原朋美 「DREAM ~TOMOMI KAHARA CONCERT ...

 


華原朋美 - セルフカバーベスト「DREAM」 (全曲ダイジェスト) - YouTube

 

DREAM-Self Cover Best-Premium Edition

DREAM-Self Cover Best-Premium Edition

 

 

しかしやっぱり、『LOVE BRACE』と『storytelling』の完成度の高さは、

凄まじいものがあるんだよなぁ。

 

これについては、また別の機会に。