VIEWS. @snview

globe、小室哲哉、AAAをメインに、音楽、映画、広告に関するアレコレ。

「ぜんぶ雪のせいだ。」「やるしかないから、やるしかない。」最近気になる、広告コピーの話。

今日は広告の話を。

ここ最近、いいなあ!と思ったキャッチコピーが、以下の2つ。

 

f:id:snview:20140111224833j:plain

ぜんぶ雪のせいだ。

JR SKISKI - JR東日本

カッコよく見えるのも、かわいく見えるのも、恋する気持ち芽生えちゃうのも、

ぜんぶ雪のせいだ。

このリア充め!なんて思うけど、

こういうシチュエーションいいよね、憧れるよね、と思ってしまうコピー。

 

しかしこれが、DJ LOVE(ピエロ)のビジュアルだととてもコワイ。

 

川口春菜になる前にDJ LOVE ver.が公開されていて、

ネットでもちょっと話題になっていましたね。 

 

タイアップ曲は、SEKAI NO OWARI『スノーマジックファンタジー』。

 

で、曲を聴いていて、あることに気づいてしまった。

注目して欲しいのは、その歌詞。

スノーマジックファンタジー

雪の魔法にかけられて

僕は君に恋をした

もしかして君は雪の精

雪の妖精とのファンタジー

 

SEKAI NO OWARI『スノーマジックファンタジー』

「雪の精」「雪の妖精」、そう、“雪のせい”。

キャッチコピーとタイアップ曲がコラボレーションしているのです。

ますます、いいね! 

 

こういう作品にまで踏み込んだタイアップは

その昔、同CMのGLAY『Winter, again』でもやった手法。 

f:id:snview:20140111232807p:plain

SKISKI 1998-1999 - YouTube 

「愛に雪、恋を白。」。

コピーライター・一倉宏さんによるコピーで、

説明するのも野暮ですが、「逢いに行き、恋をしろ。」ということを

この4つの漢字で表現することで、強烈なまでの、冬感、純白感、シズル感!

 

歌詞がこちら。

いつか二人で行きたいね が積もる頃に

生まれた街のあのさを、あなたにも見せたい

逢いたいから、しくて、あなたを想うほど

寒い夜は、未だ胸の奥、鐘の音が聞こえる

 

GLAY『Winter, again』

一見、「愛」がなさそうだけど、「逢い」 が対応しているとのこと。 

そういったエピソードが、

『考告。 企画をヒットさせるために広告クリエイターたちが考えること』

という本の中で語られています。

 

Winter, again

Winter, again

  

そして、もうひとつのいいなあ!と思ったキャッチコピーがこちら。 

 

f:id:snview:20140112001358j:plain

やるしかないから、やるしかない。

あきらめ?投げやり?イヤイヤ、むしろ超ポジティブな決意表明。荒波には背を向けず、真正面から向かっていくのが鉄則。逆風か追い風かは、自分の向いた方向次第だ。やるしかないから、やるしかない。最後には、能力よりも決意が勝つ。もちろん精神論だけでどうにかなるもんでもないので、まずはマイナビで準備だ。

広告ギャラリー | 有吉弘行×マイナビ2015

就職氷河期だの、ブラック企業だの、そもそも新卒採用ってどうなの?などなど、

働き方が問われている今だけれど、

そうはいっても、やらなきゃしょうがないよね、という腹をくくった意志表明。

そういう瞬間って就活生だけじゃなく、働いている僕らにもあると思うんです。

広告のターゲットを超えて、万人の背中を押すコピー。

いいね!

 

で、実は今回取り上げた、

「ぜんぶ雪のせいだ。」と「やるしかないから、やるしかない。」というコピーは

2つとも、山口広輝さんという方が書かれたらしい。

(出典:『ブレーン 2014年2月号』

 

まさか同じ方だったとは! 

 

名前で検索してみると、いろいろ出てきました。

しかも結構、知っていました。

 

「男のコのカワイイは、アテにならない。」

(earth music&ecology)

「男のコのカワイイは、アテにならない」 earth music&ecology 山口広輝によるコピーライティング | 心に残る広告コピーライティング

 

「きび団子のため、だけじゃない。

——仕事には、誰かを幸せにする「力」がある。」

(2011年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」優秀賞)

新聞広告クリエーティブコンテスト 2011年度入賞作品 | 新聞広告データアーカイブ

 

広告がまとめられた本などを読んでは、

深く感銘を受けたコピーライターの方を勝手に“心の師”と仰いでいますが、

山口広輝さんについても、個人的に今後超注目です!!

 

 

あと、キャッチコピーではないけど、

いま一番気になっているのは、マツコ・デラックス出演、

globe『DEPARTURES』が使われていたミスタードーナツのCM。

(新商品のティザー広告だったっぽいですね)

 

一体、どなたが企画をしたのか。

数ある冬ソングの中で、なぜ『DEPARTURES』だったのか。

歓喜とともに問い詰めたい。

(ひっそり)情報求ム!

 

そういえばこの『DEPARTURES』も、JR SKISKIのCMソングでしたね。

CM ver.は、CDで発売されたものよりもキーが高い、というのは

ファンの間では有名な話。


JR東日本 - SKI SKI GALA湯沢 - YouTube 

 

Departures

Departures

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250

 

DEPARTURES (ARRIVAL Version)

DEPARTURES (ARRIVAL Version)

  • globe
  • J-Pop
  • ¥200

小室さんとKEIKOの結婚を記念してつくられた、

ARRIVAL ver.というのもあるんですよ。